キッズクラス

お子様の安全確保の為、教室までの送迎をお願いさせていただいております。

大変失礼ではございますが、教室までの送迎が不可の方は、
ご入会をお断りさせていただいております。

*当校は、お子様へのプレゼントとして、食べ物は、
食物アレルギー及び喉につまらせるなどの危険性を考慮し、一切、お渡ししておりません。

*ビギナークラス(英会話経験なし、もしくは、同等レベル)のご入会学年は、
年長~小学2年生の3年間に限定させていただいております。
この学年に該当しないお子様は、入会不可とさせていただいております。

理由

国際的な子供英語のレベルに合わせる為、中学に入るまでに、英語でディベートができる、
英語で長文日記が書ける、さまざまな文法や時制を交えた会話ができるレベルに到達する
カリキュラム
を設定しており、遅くとも小学2年生までにレッスンを開始していただく必要が
あるからです。小学3年生以上では、かなり速く進行する当校カリキュラムにおいても、
中学に入るまでには、このレベルに達しません。

*尚、英会話経験のあるお子様は、小学3年生以上の方も、レベルに合うクラスに
空きがあれば、ご入会いただいております。

コティは「子供だから、こんな難しい英語は無理」という先入観を一切持ちません。
それは、子供には、無限の能力があるからです。

将来、国際的な仕事にも就けるレベル

目標とするカリキュラム

日本の英語教育は、非常に遅れています。
日本の公立小学校高学年で行われている事は、ヨーロッパ諸国では、幼児期に行う事です。

当校は、長期スパンの徹底した
一貫カリキュラムを実践しています。

留学を考えているお子様は、
「留学前」に日常会話は容易にこなせる英語力が必須です。
そのレベルに達するには、週1回の教室では、
5歳から始め、約10年は要すると言われています。

当校生徒様は、同等レベルに
4~6年(自宅練習量により異なる)で到達されています。

*尚、自宅練習を十分にされないお子様は、同レベルに6年以上要しています。

まずは、「話す・ 聴く」を徹底的に習得。

全ての母国語は、ある程度話せるようになってから、人工的に
読み書きを習います。まずは、音から認識し、発話し始めます。私達日本人も、ある程度会話ができるようになった小学1年生
から、国語という教科で文法を習います。日本の学校教育では、英語が、全く話せない時期から、読み書きを習わされます。
その結果は?成人した日本人で、特別な英会話の訓練を受けて
いない人で、流暢に話せる人の比率は、どれくらいでしょうか?

当校は、「読む・書く」は、後付です。

「話せないのに書ける」は、不自然です。

チャレンジする機会がいっぱい

「がんばれば、結果がついてくる!」を、幼児期から、体感していただきたいと思って
おります。 この「成功体験」は、今後、長く続く人生において、非常に重要となります。

    コティキッズは

  • 競い合って、伸びていきます。
  • 自分の意見を、英語で話す事を求められます。
  • 自分の壁を超える体験をします。(がんばるキッズonly)
  • 世界基準のテストであるJET受験により、
    世界のキッズ(英語を母国語としない)の中で、自分の英語力が
    どの位置に属するかを、把握できます。常に、世界を意識します。
  • スピーキング、ライティングテストも多く受ける機会があります。
    「やる時は、やる!」と、全力で挑戦せざるをえないシステムです。
  • 格安追加レッスン(エキストラレッスン)受講にて、週1回以上も可能です。
    いっぱい話して聞いて、グングン上達!

スピーキング力だけでなくライティング力も身につく

書ける文章は、おおよそ「話せる」という事です。

スピーキング力の向上にも効果が高い練習となります。
レッスン開始より約3年10ヶ月目より、英語日記を書く練習を開始します。

当校は、英語日記を書く練習を、
レッスン内で、一切、行っておりません。

子供達は、厳密に計算されたカリキュラムに基づき、
自習(宿題として)で、ここまで書けるようになります。
子供達は、自力で学ぶ力を持っているのです。

レッスン内で10分、ライティングの練習に費やすとすれば、

年間44回のレッスンでは、440分(約7時間半)もの時間を、スピーキングの練習をカットせざるを得なくなります。当校は、レッスン効率も重要視します。

*クリックすると大きく表示されます。

  • 小学2年生
    英語日記1
  • 小学2年生
    英語日記2
  • 小学5年生
    英語日記3
  • 小学6年生
    英語日記4

学ぶという事は、受け身ではなく「自発的に」なる事で、
驚異的な速さで身に付きます。

当校は、流暢に英会話ができる事を目指すのみではなく、高いライティング力も
つけていただくカリキュラムを実践しています。英語日記を含む、他ライティングの練習は、貴重なレッスン時間(会話の練習を重視)を割いて行っていません。アルファベットの練習
から長文日記まで、宿題とさせていただいております。講師は、添削のみを行っております。全てを教え込む事だけが教育ではないと、思っております。学ぶという事は、受け身ではなく「自発的に」なる事で、驚異的な速さで身に付きます。敢えて「教えない」体制を取る事で、子供達は、自ら学び始めます。そして、アルファベットから始めて、多くの文法や熟語を含む長文日記が書ける段階まで、ライティング力を身に付ける事ができています。

本物のライティング力とは?

中学生クラス

子供写真

レベル

当校キッズクラスに長年お通いいただいている生徒様が
大半を占める為、そのレベルに合わせています。

レベルは以下の通りです

  • 中学3年間で習うボキャブラリーや文法が
    既に身についており、一般的な英会話はある程度できる。
  • 英語で討論ができる。
  • 英語日記が書ける。
  • ネイティブスピーカーの自然なスピードでの会話が、ある程度聞き取れる。など

*上記レベルに達していない方は、大変、申し訳ございませんが、
参加不可とさせていただいております。

世界の英語レベルを意識

10年かかるレベルに約5年で到達

多くのキッズ英会話の専門家の方々は、週に1回のレッスンでは、ある程度の英会話(専門用語を含まない)ができるようになるまでには、5歳から開始し15歳くらいまでかかるとされ、最低10年、もしくは、間違った練習方法では話せる日は来ないと
言います。しかし、週に1回のレッスンでも、レッスン外の練習次第により、
飛躍的に英語力を上げる事は可能です。当校のシステムは、レッスン外の練習も
重要視しており、「いかに効率よく短期で上達できるか」を常に念頭においた
カリキュラムを実践しております。その継続により、一般的には10年かかるレベルに
約5年で到達できています。但し、レッスン外の練習をあまりされないお子様は、
同レベル到達に5年以上要する事にもなります。反対に、練習を熱心にされている
お子様は、5年以下で同レベルに到達されています。

国際人に必要な事

英語を流暢に話せるのみでは、国際人にはなれません。
当校は、下記も重要視します。

  • 国際人に必要なマナー
  • ユーモア(笑いが取れる人は、何かと得です!
    外国人は、ビジネスの場でも重要視します。)
  • 度胸(発表の場を多く設けています。)
  • 自分で考える力(意見を多く求められる環境です。)
  • 競争心(コンテストを多く行っています。)
  • 独創力(他の人と違う考えを持つことは、非常に重要です。
    ハイレベルクラスでは、ディベート<討論>も行い、独創的な意見が
    バンバン飛び交う状況です。)
  • 自己管理力(「提出期限を守る」など、社会では“当たり前”の事にも
    厳しく対応します。)

欠席分の振替可能

欠席分の振替えは可能です(年12回に限る)。振替えが可能なスクールは、
最初の料金設定時点でそれらを考慮した料金になっているケースが多いのですが、
当校は、低料金で且つ振替え可能です。欠席をされてもレッスン料金を失う事に
なりません。 

日本人スタッフがレッスンの様子を確認

レッスンは、外国人講師が担当させていただきますが、日本人スタッフも、レッスンの様子を時折確認するようには、しています。日本語が多く出てきているお子様や
レッスンに集中ができていないお子様には、日本人スタッフが、日本語で注意をする
ようにしています。また、外国人講師には、気づきにくい、細やかな点
(お子様が元気がない。理解していないようだ。など)は、日本人スタッフが
様子を伺い、必要であれば、保護者様にご連絡をさせていただいております。
密室に外国人講師と生徒様のみという環境では、ありません。

夢中になるコンテスト

レッスン開始より約1年半後に英国キッズが母国語を身に付ける時に使う
フラッシュカード使用により74個の動詞の進行形フレーズ(単語ではなく、
必ずフレーズで)を、1分間で何フレーズ言えるかというコンテストを行います。
このコンテストは、上位者にはプレゼント付きという事もあり、夢中になるキッズも
多くいらっしゃり、このコンテストを通じて、考えずに瞬時にフレーズが言えるようになられています。進行形の次は、過去形→未来形・・・と、コンテストは行って
いきます。1分間に50フレーズ言えるお子様もいらっしゃいます。これは、約1秒間で
1フレーズが言えるという速さです。ネイティブスピーカーでも1分間に約40フレーズですので、驚異的な速さで言えています。

TOEICやTOEFL

小学生・中学生対象

世界基準の英語能力

コミュニケーション英語能力テストJET

JETとは、TOEIC®TEST、TOEIC Bridge®の
前段階に位置するジュニア向けコミュニケーション英語能力のスタンダードテストです。

当校は、2013年に、Jet(Junior English Test)の
団体受検会場として、国際コミュニケーションズ JET委員会より認定を受けました。このテストは、アメリカで開発され、日本では、2010年10月に
開始されたばかりです。

JET

このテストは、リスニングが主となり、それぞれの級のレベルの英会話ができなければ、
合格できない内容です。にわかに試験勉強をしたところで、合格できる内容ではありません。
確実なリスニング力がなければ、合格できない内容である為、英語でのコミュニケーション
能力が、問われます。日本で開発されたテストではなく、アメリカ発信です。世界の同年代の
子供達の英語力と比べて自分はどのレベルかが判断できます。世界基準です!

2018年10月21日に、団体受検を実施致しました。

64名(個人受検含む)の生徒様(任意受検)が挑戦され、
63名様が、受検級を合格されました。

当校の生徒様は、特に、リスニング力が非常に優れています(多くの生徒様が、リスニング正解率が80%以上)。リーディング力は、集中的に勉強をすれば、比較的容易に身に付きます。しかし、リスニング力は、にわかの練習では身に付きません。
日頃のCD使用による練習量がキーポイントとなります。

*試験前の説明を聞かれているご様子の写真です。
(試験中は、写真撮影は行っておりません。)

*クリックすると大きく表示されます。

  • JET試験前
  • JET試験前
  • JET試験前

    <当校2018年11月試験結果:合格最年少学年>

  • 1級(英検準2級程度:高校生レベル)/ 小6
  • 2級(英検3級程度:中3レベル) / 小6
  • 3級(英検3級程度:中2~3レベル)/ 小5
  • 4級(英検4級程度:中1~2レベル)/ 小5
  • 5級(英検4級程度:中1レベル)/ 小3
  • 6級(英検5級程度・児童英検<英検Jr.>Gold:小4~小6レベル)/ 小2
  • 7級(児童英検<英検Jr.>Gold:小3~小4レベル)/ 小2
  • 8級(児童英検<英検Jr.>Silver:小2~小3レベル)/ 小2
  • 9級(児童英検<英検Jr.>Silver:小1~小2レベル)/ 小1
  • 10級(児童英検<英検Jr.>Bronze:小1レベル)/ 小1

各級(8級まで)合格の最年少の生徒様です。
64名(個人受検含む)の生徒様(任意受検)が挑戦され,
63名様が、受検級を合格されました。

*保護者様より、掲載のご了承をいただきました生徒様のみ載せさせていただいております。

  • 1級 Iちゃん(小6)

  • 2級 S君(小6)

  • 3級 Yちゃん(小5)

  • 4級 Aちゃん(小5)

  • 4級 Hちゃん(小5)

  • 4級 Yちゃん(小5)

  • 5級 Hちゃん(小3)

  • 5級 Nちゃん(小3)

  • 6級 T君(小2)

  • 7級 Kちゃん(小2)

  • 7級 M君(小2)

  • 7級 R君(小2)

  • 7級 S君(小2)

  • 7級 Yちゃん(小2)

  • 7級 Y君(小2)

  • 8級 O君(小2)

ロードマップ

詳細はこちら

キッズクラスの料金はこちら
  • ご挨拶
  • 見学・無料体験実施中
  • スタッフ募集
  • 講師・事務スタッフ紹介
  • 生徒様・保護者様専用
  • よくいただく質問
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • Jet
  • jet